面白くなければ、見たくない人のために‥ニホチュウ = 石川県小松市、日本の中心で愛をさけぶブログだぞー!


by pontajima
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ:金さんと愉快な仲間たち( 87 )

正月休みで、ふるさと、小松へ。
名古屋発だから、予約しなくてもゆっくり座れる。
列車は北陸トンネルをすぎると雪国だった。
「おーっ」
列車内はしずかな ためいき。

隣の人が
「あんたらは、雪景色みてきれいやと思うやろけど‥」
と、なつかしい石川弁で話しかけてきた。

「わしら、雪どかしやら、たいへんなんやわ」
いつのまにか、金沢の雪景色を見に行く観光客にされてしまって、
いまさら、地元と言い出せなくて、無理して名古屋弁を使うはめに。

「どえりゃー、‥なんだわ。それでもってよー‥」
わー!こんな言葉、会社でも使ったことのない名古屋弁。

隣のひとは、いろいろ石川県のことを話してくれる。
みーんな知ってるって。
だけど、知らないふりして、聞かなきゃならないこのつらさ。

12月31日の夜、岐阜の金さんに電話した。
おふくろさんが出て、親父さんと、柳ヶ瀬へ飲みに行ったとか。
「何か伝えておきますか?」
電話をきろうとしたらおふくろさんが聞いた。
別に用事もなかったのだが、つい
「また、遊びにきてください」
と、社交辞令をいってしまった。あの金さんに‥

「何か、へんな車がエンジンをかけて家の前に停まっている」
正月の朝、俺のおふくろが騒いでる。
「誰か車のなかで寝ている」
誰だろう‥?
「わー!金さん!」
おまえ、きのうの夜、親父さんと柳ヶ瀬で飲んでたんだろが。

「おまえ、どうしてここに‥何かあったのか?」
「だーって、山田。おまえが遊びにこいって、いっただろうが!」
「‥!」

かくして金さんは、わが家で正月をすごしたのです。
ずーっと、正月休みじゅう。
おそるべしかな、金さん!
[PR]
by pontajima | 2006-10-07 23:51 | 金さんと愉快な仲間たち
先輩の人が中村(区)の駅裏で3000円のところ、
おがみたおして、1800円で女のひとと○○をしてきた、
と言っていた。
金さんも聞いていてウーンと、うなっている。
名古屋でナカムラといえば、そっちのほうで有名。

おれも、座って腕組みをしてウーンとうなっていたら、
チビ子が心配そうに近寄ってきて
おんな買いたいの?
と、聞いてきた。ギョ!

な、なにを、言い出すんだ。このアマは‥

それとも人の心をよむ超能力者?

「ねぇ、オンナ買いたいの」
まさか、チビ子‥。ば、ばいしゅん、やってるのか?
おまえ‥、しかしチビ子じゃタダでも‥と思っていたら
「ちょっと待って」
とひっこんで、こんどは美人さんが‥

え?まさか‥え!えっ?
ひとつ年上だから気にしなかったが
よく見ると、両方にエクボがあって、恵とも子みたいにかわいい顔。
Andきれいじゃないの!
その美人さんが困ったような顔をして近寄ってきた。
うしろでチビ子が、なぜかコップを持ちながら
「おんな、買いたいんだって

わー!美人さんなら!‥だけどだけど、どうなってるんだ。
「い、いくら?
おもわず出たことば‥、だったが、美人さんは
「なに言ってんのよ。ただに決まってるでしょう」
うっそー!!しかし、あの‥
と、そのとき美人さんが、ハイと さしだしたのは胃薬。

へ?!いぐすりぃ‥?
「お腹、痛いんでしょ?」
え?オナカイタイ‥オンナカイタイ‥
「あ!
このやろチビ子!
おまえのくそ名古屋弁の発音はどう聞いても間違えるじゃないか。
美人さんの発音でハッキリわかった。
とーんでもない間違い。

「どうなの?」
美人さんの言葉に
「あ。お腹だった。そうそう、まだすこーし‥」

ぐえ。
なんともないのに、にがーい胃薬をのむはめに。

しかし、もう少し気づくのが遅れたら‥
わー、会社中の笑いものになるところ。
それより前に美人さんに殺されていたかも‥

「顔があかいけど、熱もあるんじゃないの?」
わー!なおった。なおっただいじょうぶ、ほーんと


「キテレツ工房」ウェブサイトへ
[PR]
by pontajima | 2006-09-25 04:12 | 金さんと愉快な仲間たち
営業は、なかに入っても忙しい。

「山田さん、ぼくが出しといてあげるから」
「タケちゃんわるいな。」
だーって、金さんも山田さんも、後かたづけしないもん
「‥」
「だったら、ぼく出しといたほうが楽だから」
「‥すんません。タケちゃんお願い」


「ねぇ、金さんに言っといて」
「お。こんどは、リュウ。 どうした?」
「どしたも、こしたも、伝票むちゃくちゃ」
「水割りの、水ぐらい今晩おごるから、いいのにしとけや」
「山田さんのも、ようにたもんで‥」
「氷もいれたる」
「きょうの出荷まにあうかなぁ?」
「ウィスキィも指いっぽん」
「もう、先輩方はいつもかも‥何年たったら‥」
「ダブルで!」


「ねぇ、阿戸さん。これの意味が判らないんだけど‥」
「あ、酒田にきけ。加工のほうだから」

「酒田。これって、なんの事かいな?」
「えぇっ?山田さん。こんなの判らないの‥ふーん」
「‥」
「山田さん、あんた何年やってるの‥」
バチン!ドスン!
てめぇ、なに生意気な口きいてやがる!!このボケが!
「あわわ‥」
ドスッ!
なめとるんか!こら!
「あ、阿戸ちゃん‥山田さんが暴力を‥」
ちゃんだと?“さん”だろが、酒田!それに山田は先輩だろが」


「酒田さん。そりゃ、山田さんおこるわ」
「‥リュウ‥」
「俺ら、とうてい怖くてそんな口きけんわ」

「ほーんと。目上のものに口のききかたも知らんのかいな。
ねぇ、阿戸ちゃん
“さん”だろが。山田!

「キテレツ工房」ウェブサイトへ
[PR]
by pontajima | 2006-09-21 23:52 | 金さんと愉快な仲間たち
奈良に彼女ができた。
名前はマキ。
背はあまり高くないがけっこう色っぽくて美人。
「うーん。おれの好みではないが良い女だな」
「奈良には、もったいない女だなぁ」
金さんも俺も羨ましいかぎり。

「なにぃ、お泊りデートだとぉ!!

若さんも加わって寂しく三人でコンパで飲んでると
若さんは奈良のことを聞いて叫んだ。

「そう言ってた。あーあ、今頃あいつは‥」
「あー、奈良さん、やめて、やめて‥スキだぜマキ‥」
でも、若さんはのってこない。
「ばかやろ!いつのまに、さっさとマキを‥」
「あいつのボクトツなところが武器なんだよなぁ」
「月曜日は、尋問だな。あのやろ、あのやろ」

月曜日、さっそく奈良をつかまえた。
「なーんにも、してへんよ!ホントだって」
「ばかいえ。ふたりで泊まったんだろが」

そのときマキの友だちがやって来た。
あんた、マキとデートして一緒に泊まったんだって?!
「おれ、ほーんとに何にもしてへんよ!」
そうだってね。なーんにもしなかったんだってね。マキ、怒っとったわ
「え?‥」
「あ、マキからの伝言。もう、電話もせんといて。さよなら


「そうか、そうか。ばかだね、あいつ。わははは」
その夜、名古屋は住吉通り、コンパで若さん嬉しそう。
なーんか、おんなごころって、わからんわ、ワシ。
「女はな、いやよいやよは好きのうち、でだな‥」
お、若さんの女講義がはじまった。

押し倒してだな、ぱしっと、ほっぺた叩かれてもだな‥
「ふむふむ‥」
あんたは最低と言われて蹴られてもだな‥
‥誰かとのこと言ってるんやろか‥?
「さらに、たたかれて、逃げられても、だな‥」
なんや逃げられたんかいな!
「ほーんと、女ごころは、わからんわ」
結局わからんのかいな!!

「キテレツ工房」ウェブサイトへ
[PR]
by pontajima | 2006-09-18 23:55 | 金さんと愉快な仲間たち
出荷のトラックが行ったあと、封筒がひとつ。
「あれ?これって‥」
チビ子も見つけて
わぁー、どうしょう。荷物にいれるの忘れた。どうしょう」
「東京支店行きのだろ。切手はってポストいれとけよ」

電話がかかってきたので、とって話す。
すぐ用件を終えて電話をきると、チビ子がもういない。
「あれ?」
チビ子が走ってもどってきた。
「山田さん、切手をはって、そこのポストに入れてきた。」
「‥って、えらく早すぎないか。まさか‥」

えー。だーって、封筒に東京支店行きって書いてあったよ」
ば、ばかやろ。住所も会社名も書いてないで、どうして郵便局が配達できるんだ!
「でも、東京支店行きで今まで荷物に‥」
「送り状にみーんな書いてあるだろが」
「だって、切手だけはってって言ったのは山田さん‥」
「だれが、だけって言った。そんなの常識だろ‥が‥ぁ」
「ぐすっ‥。そんなにぽんぽん言わなくても‥ぐすっ‥」
「ばか、泣くな。もうすぐ郵便局が集めにくるから‥」

「あーっ!山田さん、また女の子泣かしてる
わー、こんなときに美人さんが、よりによって‥
「おー、チビちゃんかわいそうに。あなたも山田さんの毒牙に‥」
「あのなぁ。その言い方、おかしくないかぁ」

「あなたたちは、何人の女の子を泣かせば気がすむの」
「だーからぁ、その言い方が‥。え。『たち』って?」
関係ないでしょう!同時に美人四人衆を泣かせた前科があるのに‥」
「誤解だって言ってるだろが‥泣きたいのはこっちだって」

「美人にあきたらず、こんな子まで‥」
「あ‥なんか、今の言い方おかしくないか‥」
「え?」
「だーって、チビ‥」
「おー、チビ子ちやん、かわいそ、かわいそ!

このやろ、ごまかしやがって。

「いいんです。私さえ我慢すれば‥」
ばかやろ、チビ子!さらに誤解うむような言い方するな!

あー郵便やさんが通った。
「行けっ!チビ子!」

「キテレツ工房」ウェブサイトへ
[PR]
by pontajima | 2006-09-17 13:38 | 金さんと愉快な仲間たち
「お、ちょっと寄ってくわ」
金さんのアパートの前で金さんが言った。
「そういえば、おまえのアパート入ったことなかったな」
「見るか?」

おれの所とあんまり変わらない6畳ひとま。
ふとんが、どーんと真ん中にひいてあって荷物らしいものは
なーんにも無い。

例の女の子をだますセリフを書いた紙も貼ってない。
「あれかぁ‥。もうだいたい覚えたからな。
それに、みーんなにバカにされたからなぁ」
「うーん。見たかったなぁ」

「金さんよ。なんか、かゆいなぁ」
「そっかぁ?おれは免疫できたからな」
「おい。布団ぐらい、あげていったらどうだ?」
「‥冗談だろ‥そんなこわいこと‥」
「‥どこがぁ?布団あげろって言っただけだろが」
「ひいてから、一度もあげたことないんだぞ。下の畳がどうなってるか
考えただけでも、こわいだろが」

金さんはふすまを開けた。
押入れのなかに、段ボール箱が。
「くつした、はきかえていくか」
段ボール箱の中からくつしたを取ってにおいを嗅いでいる。
きったねー!
「こいつは確か二日しか履いてなかったはず‥」
あんだとぉ!
あとのは、三日以上のや一週間以上はいたやつ。

あんまり人のことは言えないが‥
洗濯しないんだから。

「さ!行こうか。ん?‥山田どうした?」
なーんか、気持ち悪くなってきた。
こんなんで、よく女の子が寄ってくるもんだ!

かくして、きたない二人は何事もなかったように
飲みに‥
「こんどな、違う会社の子を芋ずる式にな‥」
月曜日から土曜日まで、又べつべつに付き合う計画かよ!
洗濯してくれる女さがせよ!
[PR]
by pontajima | 2006-09-16 01:46 | 金さんと愉快な仲間たち
ひょんな事で、伊勢市の結婚式場のカーペットをとった。
で、大急ぎでトラックで持って行かなくては‥
金さんと、リュウに手伝ってもらっての帰り道。
三重県からもうすぐ愛知県にはいる国道でのこと。

「なーんか、野郎三人でトラックって味気ないなぁ」
なにげなく言うと、金さんが
「と、言うと‥?」
と聞いてきた。

「そやなぁ、きれいなネェちゃんがパーっと出てきてやな‥」
「おっ、いいねぇ」
金さんも乗ってくる。
「山田さん。トラックの後ろ、あいてますよう」
リュウも、こんな話は、のりのり。

金さんが
「パーっと出てきたのが、おまわりさんだったりして‥」
言ったやさきに、ぱーっと おまわりさんが!
「わー、ばかやろ。現実になったやないか」
ピッ、ピッ、ピー
で、スピード違反で広場に入れられた。

「ばかやろ!汚いまねしやがって。これでいいんだろが!」
お。おれの前に捕まってた、にいちゃんが警察にもんく言ってる。
「くそっ、はらたつ。ばっきゃろー」
おお!タイヤを鳴らして怒鳴りながら、にいちゃんは去った。
おれも、キップ切られながら、言いたい きぶん。

再び、ハンドルをにぎって名古屋へむかう。
三重から愛知に入った。

「さっきの青い車のにいちゃん、えらい怒ってたなぁ」
「こんどは、ネェちゃん出て来ないかなぁ」
「また、おまわりさんが、出てきたりして‥」
「おい、金さん。やな事言うなぁ。スピード落とすか‥」

「あっ。やってた!」
ほんの、数キロで2箇所も‥
ほーんと、あぶないところでセーフ。

「あ!あの青いくるま!」

「さっきの、にいちゃんだ!
ばかだねぇ。また捕まってる。

おれたち、窓をあけて大笑い。
「おのれは、ばかか!」
「あほー!

リュウが身をのりだして悪態をつく。
あ、怒ってる!怒ってる。

帰って、テレビのニュースで
『きようから、レーダーによるスピードの取り締まりが始まり、
初日のきょうは‥』

かー!おれはレーダーの記念すべく初日に捕まったのか!
しかも、あの にいちゃんは二度も‥

「キテレツ工房」ウェブサイトへ
[PR]
by pontajima | 2006-09-10 23:51 | 金さんと愉快な仲間たち
「へぇー、山田。おまえが講師?」
金さんと飲んで言うと、あきれた顔で言う。
「そうや。なんでも鳥羽のほうで、これからインテリアだ。
とか言ってあちこちの店の人が集まるみたい」
「で、山田はカーテンの作り方とか知ってるのか?」
「そこはヨコタ(カーテンレール)の人が‥」

で、名古屋駅でヨコタの人と待ち合わせ‥
なんと若い女の人。(と、いっても少し年上)

鳥羽に着くと、‥わぁー!おでむかえ!
林のあいだや、海岸線で‥ホテル?
石川県出身の俺には、山中、山代、片山津のホテルを知ってるだけに、
ちょっとイメージが違う。

ほとんどヨコタの女の人が講義をしてくれて‥
「で、先生。いまどんなカーテンが売れてますか?」
そして、お店のひとの質問が。

‥先生ってだれ?
えー、オレ!?おれって先生?
「そうですね。だいたんなプリントが‥
でも、やっぱり主力は昔ながらの金華山に似た‥
とくに、いなかに行けばいくほど強いです。それから‥」
おー!てきとうにすらすら言えた。

やっと終わって、下で食事が‥
待ってました‥!が、びっくり!
コンクリートの土間にズラリとテーブルと言うか
U字溝みたいな上に、網がねがならんでいる。
少し離れたところに大きな水槽が‥

わー!みーんなイセエビ!!
ビールを飲みながらイセエビ!
つぎから、つぎへとイセエビ!

「先生、どうぞ、どうぞ」
生徒たちがビールを注ぎに来る。
「先生、イセエビがお好きですねぇ。」
こんなの嫌いなヤツおらんだろうが。
なんちゅうぜいたく。
わー、また水槽からイセエビをもってきた!

もー、イセエビの食い放題。
一生分を、一晩で食ってしまった。

あれから、甘エビは食べても、
イセエビにご対面したことがない。

「キテレツ工房」ウェブサイトへ
[PR]
by pontajima | 2006-09-06 23:31 | 金さんと愉快な仲間たち

アパートに泥棒が!

金さんが北区の寮を出て、
おれも、中区の長者町の寮をでて
アパートを借りることにした。

木造2階建ての古いアパート。
6畳ひとまで、何にもなし。

ひと月ほどしての できごと。
帰ってくると、
「あれ?‥鍵がこわされている」
バールかなにかで、南京錠をとめる金具ごと‥

「おう、泥棒だが。いま警察くるでヨ」
前の部屋の住人が声をかけてくれた時
警察が階段をあがってきた。
あっちこちの部屋がやられたらしい。

わー、どえりゃあ散乱しとる。犯人はかなり探したらしい」
と、警官は俺の部屋を見るなり言った‥が
「いやー、出る前といっしょ。はじめから‥」

「うーむ、犯人はこの窓をあけ、屋根づたいに逃げたと推測する」
「あのー、窓はいつもあけっぱなしなんだけど‥」

わー、岐阜であの時買った、おもちゃの金庫がこじあけられて、
「なかの一万円がとられてるー!
「ふーむ。金庫はあけるのが難しいからバールで‥」
「あほな。こんなん、俺でも一瞬で開けれるわ」

「とにかく。これは大事な証拠品だで、あずかる」
警官は、てぶくろで、ビニール袋にいれている。
「これで犯人の指紋が出てくれば重要な証拠品となる」
そして、こわれた金具ごとの南京錠も
「これも、だいじな証拠品だで。犯人はいろいろ残していったな」

警官はビニール袋をみつめて、にんまり言った。
「わたしの推理によるとだな、‥」
なーんかわけわからん推理を話してる。
「そしてこの窓をあけて屋根伝いに逃げた。」
窓は最初から開いていたって!
この証拠品はかなり重要なかぎ‥
そりゃあ、鍵だわさ。南京錠って言う

そして、警官は帰った。
あ!あの警官、証拠品をわすれて置いてった!
だいじな重要なカギも、おもちゃの金庫も‥
ビニールの袋にいれたまま置き忘れ。

その後、証拠品は取りにもこないし
どろぼうが捕まったという話もなかった。

一万円も二度と戻ってこなかった。

「キテレツ工房」ウェブサイトへ
[PR]
by pontajima | 2006-09-04 23:51 | 金さんと愉快な仲間たち
まえのつづき

目にごみが入ったみたいで、こすっていたら、
金さんがきた。

「どーしたの山田。目薬使うか?」
すぐ、とれたみたい。
で、念には念で、借りてさした。
それより‥

「おい、金さん。またロクでもないこと計画してるだろ」
金さんに問い詰めた。

「‥と、いうと?」
「北区の寮の女の子を、また偽名を使って芋ずる式とかに‥」
「あのな、俺の顔も名前も判っているのに、
どーして偽名をつかえるんだ」
「ふーん。アパートに越したのも、女の子をだますセリフを
天井にはって覚えてるも関係ないってか?」
「いやだなー。タケちゃんが言ったのか?」
「なら、いいんだけど」

「だから、ひとりづつ、じゅんばんに、したの

「なに!?
「ひとり呼ぶだろ。内緒にしてもらって、次の子呼んで‥」

毎日、毎日、同じ寮で順番に女の子をかえて付き合うだとぉ‥
そして、ひとりづつ内緒にしてもらうって‥
「あのなぁ、あいつらが友だちに内緒にすると思うかぁ
えー、しないのか
一人目が、みんなに得意げに話すだろが!
「そっかぁ‥よわったなぁ計画がもろくも‥」

「それと‥」
「なーんだ。ほかに何かあるのか?」
「さっきの目薬‥」
「‥」
「おまえ、飲み物に入れるつもりで持ってるんだろ」
「どーしてわかったの」
もう、金さんは、クロロホルムと言い、睡眠薬といい
どうしても女の子を眠らせたいのか‥

「キテレツ工房」ウェブサイトへ
[PR]
by pontajima | 2006-09-01 23:59 | 金さんと愉快な仲間たち