面白くなければ、見たくない人のために‥ニホチュウ = 石川県小松市、日本の中心で愛をさけぶブログだぞー!


by pontajima
カレンダー

<   2006年 08月 ( 29 )   > この月の画像一覧


柿木がアメリカシロヒトリにやられて、まるぼうずに切りました。
あまり、実はつけていなかったのだが、葉っぱが欲しかった。
三本ともアウトでした。
ショック!

f0103062_958470.jpg


それは、あっという間のできごと。
あれ、葉が茶色くなったのや、くもの巣がはった。
「こんどの日曜日に、スミチオンを買って消毒するわ。」
と、思っていたら、あっという間に広がって‥
もう、手のつけようがなくなった。
こんなの、20年経つけどはじめて。
葉っぱには、白いのやら、枝は毛虫やらでぐじゃぐじゃ。
ビエー!
良いところを残して‥
何にもないじゃない。
この枝だめ、この枝もおとして‥
結局、まるぼうず。
アメシロ‥ってほんとうは、後で知ったのだが、
今年は異常発生しているとか。
グァッカリ‥
[PR]
by pontajima | 2006-08-31 10:18 | 出来事
金さんのいる、北区の寮。
あいかわらずの、朝のふうけい。

あっ、でてきた。金さーん!
後ろの2階女子寮から、ずらり並んだ金さんのファン。
「はい、はい、はい。」
やる気なさそうに、手をあげて答える金さん。
ぜんぜん、二階のほうを見てないじゃないか!

「なんか、もったいないなぁ。」
俺が見上げてつぶやくと、金さんは
「ばっかやろ。名前も顔もおぼえられて、なにができる」
もう、悪いことをしようって考えしかないんだから。

「あいつら。おれの顔さえわれてなければ、芋ずる式なんだがなぁ」
「おまえは、そういう考えしかないのかよ」
「いまさら、覆面したって遅いしなぁ‥」
とりあえず、寮をでるか‥
金さんがつぶやいていたが‥

それから何日かたった。
タケちゃんが俺のところにきて
「ねぇ、山田さん。金さんのアパート見てきた?」
「なに。あいつ、寮をでたのか」
「え。山田さんは知らなかったの?」
「で、行ってきたのか?」
「それが、金さんの部屋って、すごいと言うか面白いって言うか‥」

「部屋に入ったらびっくりした‥」
タケちゃんが言うには
天井にも壁にも、もうそこらじゅうに貼り紙がはってあって、
その紙には女の子をだますようなセリフばかりだとか‥

“君のひとみは、すごくきれいだね”
“笑顔がかわいい”

「もう、歯の浮くようなセリフばっかりで、あきれるよ」
タケちゃんは笑いながら話してくれた。
「金さんの勉強方法のひとつなんや。あいつ進学校だもんな」
しかし‥金さんは本気で‥
やばい

「キテレツ工房」ウェブサイトへ
[PR]
by pontajima | 2006-08-30 07:41 | 金さんと愉快な仲間たち
まえのつづき

あれから10日いじょうたって、
すっかり、忘れさられていた。

「‥はい、‥はい。わかりましたァ。‥はい、きょう必ず!」
とつじょ、桜田部長のでんわが広い事務所いっぱいに
響きわたるほどの、大声にかわった。
なにごとが起きたのか、いっせいに桜田部長に注目!

「あぁりがとうございましたあ!」
もう、立ち上がって
さらに大声で、受話器をもったまま、深々と礼をしている。
注目のなか、座ったと思ったらお茶をいっきに飲みほした。
「ふーっ」
一息ついて、あらんかぎりの大声で
「やまだくん!」
おれの名前をよんだ。
「常務、たいへん!」
こんどは、寺田常務に報告している。

ピンときた。が、少しおおげさすぎないかぁ。
たかだか新規一軒のために‥
こっちが おろおろする。

「山田くん。おまえさん、どんな手品つかったんだ!」
「へ?」
「たいへん、たいへん。俺もいかなくっちゃ。」
そして、松川課長をよんで
「松川君、伊幸インテリアさんだ。おまえさんも来てくれ」
部長も課長もすべての予定をキャンセル。

わわ。一軒のためにそんなおおげさな。
が、注文をみてビックリ!
大口もおおぐち!なんじゃこりゃ!
わー、ふるえてきた。

「とりあえず、在庫が切れたのがあって今日これだけ
もってきてほしいって」
あとは、すぐにトラックで送ればよいとのこと。

ライトエースに荷物をつんで、三人でしゅっぱつ。
伊幸さんは、初取引に少しの注文では申し訳ないとおもい、
在庫がなくなるのを待っていたとか。

いままでのところも事情を言ってカロンパンチに切り替えた。
「ただし、ニードルパンチだけにしてほしい」
もう、それでじゅうぶん!
それにしても、注文が多すぎるのだが‥?

「すごいな、山田。ほかのメーカーも問屋もぜったい無理、
難攻不落の伊幸さんを、おとすとは‥」
松川さんも、すごいほめよう‥なんだけど‥

「あのぉ、あんな小さな事務所のどこに‥」
「なにを言ってるんだ山田くん。伊幸さんはあのへん一帯を
それこそ官公庁からすべてをにぎっているんだぞ」
「それに従業員もかなりの人数がいて‥」

ビェー、知らなかった
知っていたら、びびって、そんな大それたことは、できなかったわ。
そのへんの、夫婦でやってる店かと思ってた。

伊幸の社長さんにあらためてお会いした。
こんどは、びびった。
「やあ、おひさしぶりです」
声をかけられて桜田部長もぺこぺこしている。

で、倉庫にはこぶが‥
で、でかい!どえらい大きな倉庫!
品物もいっぱいあって‥
人も大勢さんいて‥
こんなん先に見なくてよかった。


あの、絶対に入り込めない、難攻不落の伊幸インテリアを
ハタチそこそこのガキがたった3分でおとした。


実際には二度目だし、3分といって10分ぐらいかかったが
商売がたきや、業界からけっこう噂になった。



「くぁんぱーい」

「お、神話をつくった天才営業マンさん、どこ見てるの」
「わはは。ぼぉくの才能の一部をすこーし出しただけだよ。あの子かわいい」
「そりゃすごい。どこに座ってる子?」
「たいしたことではないよ。奥の白い服の子」
「いやいや、ごりっぱ。ピンクのほうがかわいい」
「白だろ」
「ピンク」
金さんとのみあかした。

「キテレツ工房」ウェブサイトへ
[PR]
by pontajima | 2006-08-29 05:41 | 金さんと愉快な仲間たち

新規開拓(続、続)

きのうの つづき

伊賀上野の伊幸インテリア。
社長は出かけるところで、
「私は忙しい身で。それに、もう話すことはないでしょ」
社長。5分!いや3分時間ください!
と、言いながら実験道具をならべはじめたら、社長の足がとまった。

よっしゃー、さっさと実験開始。
針金に各社のサンプルをひっかけたのをだして、
「これがA社、次にB社、C社‥」
そして前にもらった伊幸さんのサンプルからはさみで切ってひっかける。
「そして最後にウチのカロンパンチ‥」

スポイトで灯油を次々にかけて、火をつけた。
炎とともにカロンパンチ以外は燃え尽きた。
カロンパンチはすぐに消えた。
社長は腕をくんで、じーっと見ている。

お、見てる。反応よし。うれぴー!
最後に伊幸さんのとカロンパンチをもう一度実験しておしまい。
「以上です。カロンパンチの見本、置いときます」
社長はずーっと腕組みしたまま。

「ありがとうございました。失礼します」
と、言っても腕を組んでじーっと見つめたまま。
礼をして車に乗ろうとしても‥
あれ?ちょっと待て‥とか言わないの‥

きっと、帰ったら、電話があって‥
会社に帰っても、電話はなかった。
きっと一晩考えて‥
次の日もなんにもなし。


「あーあ、自信あったのになぁ‥」
「ほうら、飲め。お、あの子どうだ‥」
金さんと、名古屋は住吉通りのコンパで飲む。
「反応よかったと思ったのになぁ‥」
「お、こっち見ている‥」
「やっぱり、難攻不落だったのかなぁ‥」
「まぁ、気をおとさないで‥。ほら飲め」
「‥で、さっきから言ってる子はどの子だぁ?」

また つづく

「キテレツ工房」ウェブサイトへ
[PR]
by pontajima | 2006-08-28 08:31 | 金さんと愉快な仲間たち

新規開拓 (続)

前回からの つづき

伊幸インテリアさんのニードルパンチ(カーペット)
が、なーんかひっかかってしかたがなかった。

で、サンプル帳をくらべてながめていた。
あれ?
防炎加工と難燃性
どう違うんだろ?
「消防法がきびしくなって、両方とも燃えにくいんだろ」
だれも、あんまり気にしてない。
他社のはみんな、防炎加工の表示なのに、
うちのだけ鐘ヶ淵化学のカロンパンチだけ難燃性の表示。

灯油1㏄をカーペットにおとして、火をつけて燃えひろがらないか
の実験で合格したものが、消防法の適用でOKとなっている。
当然、すべてのものが合格となっている。
伊幸さんのも、ウチのも、他社のも‥

で、もっと他のはどうなんだろ‥
と、全国にでまわっているニードルパンチの全種類のサンプルを
集めることにした。
「ほれ、ここのはないだろ。あと、デニス社のは、これな」
金さんも協力してくれ自分の得意先からせっせと集めてくれた。

そして、サンプル帳に書いてあるとおり、実験してみることに‥
なーんと!どのメーカのも、すべて燃えひろがって、燃え尽きた
正確には、1ccだと、その部分だけ燃えて穴があくのだが、
もう少し灯油の量だ多かったり、斜めにすると、燃えてしまう!
うっそお!
こんな消防法ってインチキだ!

カロンパンチもか‥?
え?消える‥?!
確かに灯油だけはもえる。
しかし、灯油しかもえず、すぐ消えてしまうのだ!
自己消火能力があるってこのことか!

燃え広がってしまうのと、消えるのとはエラいちがい!
やったぁ!


「伊幸さんはな、無理なんだから。おまえさん、無駄なことしないで‥」
上のひとの話を無視して強引に伊賀上野に出張へ。
針金でサンプルをひっかけた実験道具と灯油のビンとスポイト。

「そっかぁ。なーんかやってると思ったら‥。
こっちも、いい店と女の子、新規開拓しておくから
がんばってこいよ」

金さんに、はげまされて、伊賀上野の伊幸インテリアへ。

つづく

「キテレツ工房」ウェブサイトへ
[PR]
by pontajima | 2006-08-27 05:12 | 金さんと愉快な仲間たち

新規開拓

営業会議
「とにかく、新規開拓がだいじ!」
寺田常務が口をすっぱくして言う。

おれの担当は三重県。
そういえば、名古屋を出て、桑名、四日市から伊勢を結ぶ
国道23号線のラインしか行ってないなぁ。

桑名、四日市、鈴鹿、津、松阪、伊勢。
たまに、亀山、とか久居ぐらい。

と、いうことで亀山から伊賀上野、名張に行くことにけってい。
伊賀上野‥伊賀といえば横山光輝の“伊賀の影丸”が大好きだった。
それで、忍者まんがをよろこんで描いていたなぁ。

伊賀上野で一応、2つのお店を予定。
はいってすぐに伊幸インテリアさんがあった。
ちいさな事務所にはいったら、社長さんがいた。

名刺を出すと、会社の名前を知ってるどころか、
寺田常務や桜田部長の名前もでてきた。
名刺入れには松川課長のもあり、なーんと
上の人は、ひととおり行っているみたい。

とくに、桜田部長はけっこう足を運んだみたい。
「桜田さんは熱心にかよってくれたんですが‥」
ウチに限らず、他社もみんな断っているとか。

創業いらい、カーテンは京都のA社(全国のトップ)
カーペットは大阪から(我が社と同じ仕入先)
カテンレールも同じ‥で
浮気は一度もしたことがないのが自慢。
値段も安く手にはいって全く入り込むスキもない。

「と、言うことで、私もひじょうに忙しい身なので‥」
二度とこないでほしい‥と言われて、言い返す言葉もなかった‥
が、アレッ?
パンチが‥?
パンチとはニードルパンチといって、毛足のないどこでも敷いてある工事用のカーペットのことで、巻いて売っている。
そのパンチカーペットが‥?
他はみな一流なのに聞いたことないメーカー。
「どこも、かわらないでしょう」
そうなんだろうけど‥
とにかく見本だけもらって帰ることにした。

帰ると金さんが待っていた。
山田、ばっちり新規開拓な
「へぇー、おまえにしては、めずらしいな」
「待ってたんだから。さぁ行こう」
「‥って、どこへ?」
「きまってるじゃないの。新規開拓の店に」
「え?おれも付いていくのか?」
「なーに言ってんの。安くて飲みやすいから」

金さんは飲み屋の新規開拓をしてたのかぁ!

つづく

「キテレツ工房」ウェブサイトへ
[PR]
by pontajima | 2006-08-25 07:03 | 金さんと愉快な仲間たち

おしゃれな食器で梨

朝は くだもの
わがやは なし
梨がおいしくなりました(幸水)

f0103062_9262863.jpg

アルディート シリーズ
カヌー36(365×109×50)オレンジ色
色あざやか。
食卓もカラフルになりました。
[PR]
by pontajima | 2006-08-24 09:33 | おしゃれな食器で夕食

さんまで器くらべ

さんまで飲みましょう
安くてうまいさんまはわが家の味方。

f0103062_2252159.jpg

アルディート シリーズでさんまを比べる
上がフリープレート32で  (321×136×44)
下が長角プレート21     (209×139×20) 

けっこう、オレンジ色は某けん○ろうの料理の本で使っている。
オレンジ色をだすのはけっこう難しいが
発色の良い色がでました。
陶器と間違いやすいのですが、持った感じが違いますので
わかると思います。

うっかり、落としたり、ぶつけても、割れや欠けに強いですよ。
実験でコンクリートに何度も落としてOK!なーんて強い
‥と思いきや、6回目に当たりどころが悪かったのか真っ二つ。

さかなを食べるのが下手なひと(おれ)には
上のフリープレート32がおすすめ。

深さがあるので、食い散らかしてもOK!でした。
食べた跡はきたないので、見せません。あしからず。

「キテレツ工房」ウェブサイトへ
[PR]
by pontajima | 2006-08-23 23:47 | おしゃれな食器で夕食

おしゃれな食器でさんま

さんまが店頭に並び始めました。
安くてうまいさんまでビール!
さんまも、こんな容器だと、なんとなく おしゃれ!

f0103062_1531241.jpg

アルディート(ardito)の フリープレート32の緑色を使用
(321×136×44)
ちなみに32とは商品の一番長いところの寸法です。(センチ)

さんまの頭を切ってしまったが、まるごと一匹はいりました。
見た目は陶器に見えますが
持った感じは陶器と違い、軽い。
てざわりも、漆器独特のやわらかな手触りです。

素材はメラミンと木粉の合成樹脂に、ウレタン塗料で塗ってあります。
陶器と違い割れたり、欠けたりしにくく丈夫です。
塗料はもちろん、食品には厳しい審査にも合格したものです。
食品には安全性の高いものです。安心して使ってください。

重ね塗りのため、発色もいいです。
洗いやすく、食器洗浄器もOKです。
重ねもききますので、しまうのに便利です。

欠点はラップが食器にはひっつきません。
また、電子レンジも繰り返しの使用で不具合が生じるため
控えたほうが良いようです。

「キテレツ工房」ウェブサイトへ
[PR]
by pontajima | 2006-08-23 06:30 | おしゃれな食器で夕食
きのうで第5回目のアンケートを締め切りました。
全部で332名の応募をいただきました。
内容もたいへん有意義な意見をいただき、
今後の新製品つくりに役たちそうです。
ありがとうございました。
今回の商品もアンケートの回答、ご意見によってうまれたものです。
キテレツ工房のホームページの商品もこれらを取り入れて、
リニューアルして
約100種類をならべます。
今回の色で一番多かったのは白色でした。
私、個人的には、緑色が気に入っています。
f0103062_15341219.jpg

なお、この商品の名前はキテレツから意味のちかいもので
イタリア語でアルディートと名づけました。

いろいろな種類や色で我が家の夕食に使って紹介します。
できれば、実際につかってみて、いいところや欠点も
お知らせしたいと思います。

金さんシリーズも併用していきます。
コメント、トラックバック大歓迎!

「キテレツ工房」ウェブサイトへ
[PR]
by pontajima | 2006-08-22 15:46 | おしゃれな食器で夕食