面白くなければ、見たくない人のために‥ニホチュウ = 石川県小松市、日本の中心で愛をさけぶブログだぞー!


by pontajima
カレンダー

<   2007年 05月 ( 30 )   > この月の画像一覧

むかし、むかし子どものころ

バナナは、とーっても高価な食べものでした。
いままで、数えるほどしか食べたことがありません。

なにしろ、誰かが入院したりしてお見舞いにいって、逆にもらったりでもしなければ手に入りません。
バナナの皮も、漫画ではその皮をふんで、すべってころぶというのが よくあります。
食べたあとも、皮ですべってころぶ遊びを しなければなりません。

ぼくは、家でバナナをもらいました。
どうして、手に入ったのかわかりませんが、
とにかく、あのバナナを手にしたのです。

さっさと食べるわけにはいきません。

ぼくは、外にとび出しました。
みんなに、見せびらかして食べようと思いました。

「あっ、○○ちゃん、バナナ食べとる。エエんな」
こんな、言葉を期待して外にでました。

皮をむいて、町を歩きました。
こんなときにかぎって、だーれもいません。

みんながよく集まっているとこに行きました。

いつもの、遊び場にもいきました。

いません。

せっかく、バナナを食べてるとこを‥
なんで、誰もいないんだ!

ぼくは町内をいっしゅうしました。
それでも、誰にも行き当たらないのです。

あ。公会堂にいったのかも知れん。

ぼくは、走り出しました。
そのときバナナが!

皮をむいて、握ってる根元をのこして、ぽろっと‥

やばい!

あわてて、急にとまって、振り向いてつかもうとしたら‥
こんどは、ジャリで足がすべって‥

ぼくは地面に腹ばいになりました。
えってー!」(方言=痛い)
ほとんど、皮だけになっているバナナはしっかりと握っていました。

まだ、一口も食べてない大きいほうは‥
胸あたりに‥

起き上がったら、つぶれてしまっています。
水道の水で消毒して食べようにもつぶれたうえに、バナナに小石やらが食い込んでいて‥

さすがのぼくでも、もう食べる気がしません。

ぼくは、しっかり握ってた皮の根元のほうのほんの少しだけ口に入れました。
それでも、バナナの味が口中にしました。
『こんなんなら、食べてしもときゃ、えかった』

ひじがすり傷で血がにじんでいます。
「ひじ、えてー」(方言=肘が痛い)

「あ。バナナ食べとったんや!」
そのときになって、やっと一人と出会いました。

『ばかやろー!もっとはやく登場しろ!!』
とは、いいません。
おー!うまかったー!!
ぼくは、負け惜しみがとーっても強かったのです。

「皮ですべってん、皮で」
ぼくは皮をひらひらさせました。
そして、漫画にでてくるように滑ったことを強調しました。

「このやろ、このやろ」
新品の皮をふんずけてごまかしました。

それでも、バナナを食べたことの証人がやっとあらわれたことをよろこびました。

「どんねぇか」(方言=だいじょうぶか)
ぼくは、すりむいたヒジを心配してくれる友だちと家にむかいました。

そして別れたあと‥


おおあわてで、もどって、つぶれたバナナのほうを隠してすてました。
「キテレツ工房」ウェブサイトへ
[PR]
by pontajima | 2007-05-31 04:52 | むかし、むかし子どものころ

甘エビ

今朝、市場の友だちから電話があって
「甘エビ やるぞー!」
f0103062_15204532.jpg

もう、いっぱいもらいました。
とれたての新鮮な甘エビがいっぱい!

昨日は親戚が、畑からとれたての野菜をごっちゃり。
それに友人が山菜を持ってきてくれて‥

新潟から こしひかりのお米、もう、魚沼産のお米よりおいしい幻の鹿瀬産
お酒も、新潟の おいしい麒麟山
越の寒梅もありますがな。

酒もご飯も、海の幸、山の幸、畑のものも‥
もう、新鮮でおいしいものばかり頂いて‥

とーっても幸せものです。
もう、あとは‥

あとは、肉屋の友だちが欲しい!
[PR]
by pontajima | 2007-05-30 15:47 | 出来事
あの、あったま北が参議院に出馬表明って新聞に載っていた。

シャンギイン?

なーんか変わった事になってはいないかと店に見に行ったが
f0103062_0484878.jpg

ガラス窓がかえってスッキリした以外はなんにも‥
奥にいーっぱい、いたずら書きののように書いてある車もあいかわらず‥

あんまり、かかわると選挙違反になるんやろか?


それから、コンビニにいったら、‥いない!
つばめがいない!
留守?
f0103062_0564186.jpg

つばめが カラス(空巣)に‥

28日(月)の午後、4羽いて、飛びたってもどって来なかったとか‥
「家出?集団脱走?」

5月5日に卵からかえって、‥えーと何日たったっけ‥28-5=23
23日間で計算合ってるケ?

巣立ちなんだ‥しみじみ‥
巣立ち‥なんかジーンとくる言葉じゃないか!
なーんてロマンチストなワタシ‥うんうん酔いしれる‥

そやけど、どこで寝てるんやろか?
なんで、もどってこないんやろか?
いっしょにおるんやろか?

おお!この親心!
(いつのまに、つばめの親になったんやろか。)



去年の6月1日からブログを書き始めてまる1年になろうとしてます。
いろいろ、教えてもらったり、少し訪問者も増えたりで
ホントありがたいことです。
感謝!感謝!

あ、お祝いの受付もいたしますよって。

「キテレツ工房」ウェブサイトへ
[PR]
by pontajima | 2007-05-30 01:35 | 出来事

松岡大臣自殺を図る

げ!
ニュース速報で
議員宿舎で首をつって‥
生死不明だって‥
なーんか、いやみっぽく書いてたんで、いい気がしないぞ。

潔白なら、死ぬようなことするなよ!

国会議員って、もっと図太い性格かと思っていたのに。
生きてれば、またボロクソにパロって書けるんだから
なんとか、助かってほしいぞ!

その後、亡くなりました。
ご愁傷さまでした。
[PR]
by pontajima | 2007-05-28 13:20 | 出来事

手負いの おイチ

ねぇ、ヤクヨケけないか?厄除け!
顔を見たなり、大声で聞いてきた。
‥と言っても、いつも声は大きいが‥

友人のA子さんが、最近、悩みっぱなし。
便所の100ワット(ムダな明るさ)と言われるいつも明るいA子さん、
会社に去年入ってきたオバサン一人が悩みのタネ。

で、厄除け 〔手負いの おイチ
f0103062_82189.jpg

お札deおりがみ 『ターバン野口』を折っていたら
「これ、これ、これ折って」
わー、ぱっと五千円札出せるところがえらい。

「わー、アリガト。サイフにいれとこ」
なーんか、折ってしまったら、単なる折り紙のオモチャになってしまったようで‥
「A子、お金やぞ!五千円やぞ!」

なんか、他の人が
「わー、おもしろい、ちょうだい」
と言ったら、また折ってもらうわと、あげそうな雰囲気だった。
[PR]
by pontajima | 2007-05-28 08:15

オオサンショウウオの手

風呂にはいって、爪ものびたなぁ‥と思いつつ
ゆっくりと、指を伸ばして、水面に直角に湯船に沈めていったら‥

「わー!!オオサンショウウオの手!!

指先が完全に湯船に入ってしまったら
ワタシの手が、とっても短くて みにくい手に見えてしまったワイ。
あわてて、手をだすと‥おお!しらうおのような手がふたたび再現‥
(ふたたび再現‥また、長島茂雄になってしまった)

光の屈折なんだろが、ぼーっとした頭でおどろいたじゃないの。
しらうおの様な手が、雷魚のような手に見えるころに、やっと頭もすっきりと‥

また、同じことをして遊んでみる。
うー、手首がいたくなったワイ。


そのあとで細君が風呂へ‥
鏡をみて、トドがいるー!
と、叫ばないか、とーっても心配!
[PR]
by pontajima | 2007-05-26 09:13
小松市の東部にある、道の駅、ロードパーク 中海の里
f0103062_3173193.jpg

その前にある、きのこの里
f0103062_3184543.jpg

ななめ前に、無人の野菜販売所があります
f0103062_3201499.jpg

でも、その野菜、こころもとない人によってよく盗まれます。
そこで、おおきな、貼り紙、防犯カメラ設置中
f0103062_3223557.jpg

それでも、かわいそうに、ききめなし。
しかし、防犯カメラは、どこをさがしても見つからない。
まさか、センサーライトの事を言ってるのでは‥
f0103062_3245352.jpg

どうもそうらしい。これでは誰も防犯カメラとは思わない。
もう少し、ダミーの防犯カメラでもいいからカメラらしいのを取り付けたら‥

それにしても、悪い人間が増えたものです。
昔は野菜まで盗む人はいなかったのに‥
[PR]
by pontajima | 2007-05-26 03:35 | 出来事
とーってもヤバイところでした。


きょうも、へとへとに疲れて夕食。
我が家はいつも時間的には夜食。

どんなに、遅くなろうと、酒はきらさない、この根性!!
はーい、焼酎に日本酒をいれてニホチュウのできあがり!!

焼酎を切らした時があって、日本酒だけで飲んだら辛く感じた。
が、次の日も日本酒だけで飲んだら、やっぱ日本酒のほうが味があっておいしい。

今日は焼酎ベースに日本酒に、さらにはちみつ&レモン。
「そんな、パンに塗るのをお酒に入れるの?」
と、言う細君の言葉を無視して
「焼酎は味がしないから、なんでも好きなの入れればイイの!」
暑いから氷をいれてかきまぜて‥

冷蔵庫からキムチをだして、ちくわも出して、わさび醤油で‥

ニホチュウはウメー!!

このキムチはソフトキムチと違って美味いけれど辛い!
「げ。わさびを舐めてしまって、舌がマヒ状態」


「ほんとに、おいしそうに食べてる。どれ一本」
細君が鯛ちくわをぱくり。

「おえー!このちくわ腐ってる!
「まさか。買ってきたばかりだろが。奥にあったやつ」

冷蔵庫にもう一袋発見!

食べたの賞味期限は5月10日!
においをかいだら、カビくせー!!

しっかり、3本は食べてしまっていた。

あわてて、正露丸を探すが、無い!
試供品の赤い袋の胃薬を飲む。

もう、あとは、3時間後の食中毒を待つばかり。

辛いキムチとわさびを舐めてしまって、まったく気づかなかった。

「あーあ。3時間後はトイレにいきっぱなしで苦しむんだろな」

もう、どうせなら、賞味期限の切れた牛乳もぜーんぶ飲んでしまえ。
生きてるゴミ箱。

ニホチュウで胃袋の消毒も忘れない。
もっと飲もう。


3時間後、起きて待つ。
4時間経過。
なーんにも起こらない

けっきょく、何事もなく‥

我が家の胃袋は賞味期限切れでじょじょに鍛えられ
とうとう こんなに立派な胃袋に完成してしまった。
鋼鉄の胃袋をもつ男!

これで、災害が起きても生き抜いていける。
サバイバル胃袋が完成したのである。

うーん、ニホチュウの消毒もきいたのかも知れない。
わさび効果もあったのかも。

そして、きょうも元気よく仕事にむかえるワタシなのでした!
「キテレツ工房」ウェブサイトへ
[PR]
by pontajima | 2007-05-24 09:41 | 出来事

つばめ

23日に、5日ぶりにつばめの巣を見たらヒナが大きくなって巣からはみだしていた。
f0103062_3164949.jpg

もうすぐ、巣立つんだろうか?

ところで、こーんなに、たぶん昔から人間となじみがふかい鳥なのに
どーして、物語なんかにでてこないんだろ?

現代にはいってから、新幹線の名前や弱い球団の名前に使われているが(あ、わたし巨人ファン)
昔話にはあんまし聞かない。

外国では、おやゆび姫がツバメにのった話がでているくらいで‥

だったら、一寸法師だって、サイズのあわないお椀で、のんきに川にうかんでないで、
ツバメでシャーっととんで都でもどこでも行きゃいいのに、それもない。

弥生時代から日本は米をつくっていたんだから、ツバメもそのころから、日本に来ていてもおかしくないんだろに。
もし、そのころからの、おつきあいなら、けっこう歴史も深いはず‥

すずめや、ねずみは けっこう登場するのに、ツバメの話は聞かない。
ほーんと、不思議。


どうにか、佐々木小次郎に切られ役で やっと登場したぐらいじゃないかな。
それ以前の話でなにかあったっけ?
[PR]
by pontajima | 2007-05-24 03:59 | 出来事
むかし、むかし子どものころ

ぼくらには3秒ルールと言うのがありました。

おかしを食べていると、つい落としてしまう。
おせんべい なんかは、噛むと割れて、大きいほうの破片が下の地面へ‥

ぼくらにとっては、おかしは とーっても貴重品でした。

だーれも見ていないと、さっと拾ってフーっと息を吹きかけて砂をはらってから食べます。


あ、落ちたが食べた。きったねー
だれかが、見ていました。
へェーん。すぐ拾ろたし、どんねぇわい」(方言=だいじょうぶ)
「土にバイキンおーれんぞ」(方言=いるんだぞ)
3秒内ならバイキンつくひま ないわい

なぜ、3秒なのか今だかってよくわかりません。



ぽんがし が 紙袋がやぶれて、あたりにまき散らすことがありました。
細かすぎて、いちいち拾っていられません。
それでも、貴重なおかし。
まとめて、ひろうと、土もいっしょに拾ってしまう。
口に入れるとジャリジャリと‥
ぺっ、ぺっ。とても食べられない。

かと言って貴重なおかしなんです。
誰にも他の子が拾って食べられないように足でふみつけます。
なんとも、汚い せこーい話。


あめ玉をなめている子がいました。
大きいあめ玉で、ほほをふくらませています。
ほほをつついたら、口からあめ玉がとびでて地面に落ちました。
たっぷりと砂まみれになりました。

その子は、ぱっと拾いました。
そして、走って水道の水で洗っています。
「きったねぇ。落ちたが食べるんか」

「水道の水で、消毒したし、どんねえわい」(方言=だいじょうぶ)
また、口にほうりこんで、ほっぺたをふくらませています。
「3秒で拾たし、水道の水で消毒したら、どんねぇって、先生言うとったわい」

先生がそんなこと、言うはずもありませんが、
なぜか、あのころは、先生が言っていたと正当化していました。


ぼくらにとって、あのころは、おかしは とーっても貴重品だったのです。
[PR]
by pontajima | 2007-05-23 04:47 | むかし、むかし子どものころ