面白くなければ、見たくない人のために‥ニホチュウ = 石川県小松市、日本の中心で愛をさけぶブログだぞー!


by pontajima
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
我々 ご一行様は岐阜駅に着いた。
名古屋駅より名鉄特急で30分。 まだ路面電車が走っていた。 
ここは、金さんの故郷。  おお、これが柳ケ瀬ブルースの街。‥柳ケ瀬って岐阜にあったんだァ。
で、金さんの実家へ。
「おお、昌一、今までどこにいたんだぁ」
おばあちゃんが、とんできた。
な、なんだこれは、金さんは今まで行方不明だったのか。
「あ、詳しいことはあとでね。」
たいした時間もとらずさっさと出る。  いいのか、玄関先だけで。
 
岐阜のデパートに はいった。
金庫の展示会をやっていた。
小さな金庫から大型の金庫まで順番に並んでいる。
「こいつは、こうな」
金さんがコツを教えてくれた。
簡単に開く。 うーむおもしろい。
次は‥といったところで店員さんがきた。
ひやかし客にもかかわらず、にこにこしている。ちょっと年配のおじさん。

「どうですか?」
「簡単に開くよ」と俺たち。
「それは、おもちゃみたいな物ですから」
「次のも開けていったけど」
と、店員さんに目で金さんを指す。
金さんは一人もくもくと、金庫に挑戦している。
そして次々と開けていく。おもちゃを与えられた子供のように。
「まあ、あそこまでは おもちゃ屋や文房具屋でも売ってますから」
カチャッ
「まあ、あれも金庫としては‥」
「次のは本格的ですから、次のはね」
カチャッ
「む。次のは無理、次のは。今までのとはモノが違いますからね」
だんだん、店員さん、力が入ってきた。
カチャッ
「こ、今度こそ、無理。ぜったい開かない、無理にきまってますよ」
お、金さん手間取っている。
店員さん、誇らしげだ。やっと余裕がでたみたい。
「ほうらね、あの金庫は無理なんですよぉ、お客さん。なぁにせあの金庫はどんなドロボ‥」
カチャッ
「…え。…誰?…な何者なんですか、あの人は‥」
「あいつ?金さん!


「キテレツ工房」ウェブサイトへ
[PR]
# by pontajima | 2006-06-03 05:15 | 金さんと愉快な仲間たち
「あー、どうだね君たち。 ん?」
寺谷常務がいつの間にかわれわれの傍にいた。
「細木君、何だね金庫を開けっ放しにして。」
「古田君、おまえさんも何をぼーっと突っ立ってるんだ。新入社員の‥ま‥ぇ…」
古田君!」
怒鳴り声で、やっと古田課長が我にかえったみたい。我々も‥
金さんは、と云うと、どうしたのみんな‥みたいな顔をして…
「常務、じょおーむ」
古田課長が常務に飛んでった。
「どえりゃー事で」の名古屋弁までは聞こえたが、あとは小声で…

再び、今度は常務も加わり金さんに注目。
「いやぁー、はっ、はは」
照れ笑いしてる場合かよ、金さん。
「お、おまえさん‥」
ほら、常務が どもってる。

それが最初でした。
常務がたいへんキビシィーイ目で、それからも金さんを見るようになったのは‥

我々は一躍有名人になった金さんに手ほどきをこうた。
金さんの特技は鍵あけ。

そして日曜日、金さんと仲間四人で名古屋から名鉄電車に乗って岐阜へ。
岐阜のデパートでは金庫展が待ち受けていた。


余談ですが‥石川県生まれの俺は、名鉄は地下鉄だと思っていた。名古屋から岐阜までずーっと地下でつながっていて。
 もっとすごいことに、地下鉄の駅はデパートの地下にあると聞いていたので、地下の食品売り場あたりに駅があって‥つまり、デパートの売り場のなかを電車が走っていて踏み切りもあって
遮断機がおりたら買い物客もたいへんだなぁと、本気で思っていた。ちなみに石川県にも当時、百貨店はあったが、今も地下鉄は無い。)
[PR]
# by pontajima | 2006-06-02 01:14 | 金さんと愉快な仲間たち

金さん登場  金庫あけ

新入社員の我々は総務の古田課長に説明を受けながら社内をまわった。
「よーし、ちょこっと休憩だわ」
うーん、流ちょうな名古屋弁。
古田課長は言うなりタバコを吸いはじめた。
我々男子新入社員の数名が近くにあった大きな金庫に群がった。
ドラマの金庫あらしのマネでダイアルをまわす。
「あーきゃせんて」
古田課長がニコニコしながら煙をくゆらす。
金庫に耳をあてたりしてダイアルを回すが、やっぱり無理。
皆あきて、金庫から離れていく。
その時、一人の新入社員とすれ違った。
「よーし、みんな集合」
古田課長が皆が集まったところで、再び説明が始まる。
「えー、次に皆さんに見ていただくのは‥は…」沈黙不動
古田課長、急にお地蔵さんになったのか。
あれ、我々を見ていない。エート視線は‥われわれの…
うしろだ!
こわごわと、みんな振り向く。
そこには、先ほど我々が挑戦した大きな金庫。
その金庫は大きく開かれ、中が丸見え。年配の社員が少し離れた所で呆然と立っている。
そして金庫の横には‥
片手を金庫にあててニコニコしながら立っているのは…同じ新入社員の‥
金さんだァ!
[PR]
# by pontajima | 2006-06-01 02:07 | 金さんと愉快な仲間たち