面白くなければ、見たくない人のために‥ニホチュウ = 石川県小松市、日本の中心で愛をさけぶブログだぞー!


by pontajima
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

京都でおまわりさんから事情徴収

まえからの つづき

京都はてきとうに走る。
すぐ寺はみつかる。
なんと言う寺かはわからない。
「あけろ!ばか!お客だぞ!」
開けないなら、つぎ行こう。
「なーんか、うしろから車がついてきてるぞ」
「きっと、俺らとおんなじ観光だな」
「風流が理解できる人種がほかにもいたか」

「この寺もしまってるな」
お、さっきの車がきた。
パトカー!?
「そこで、なにをしている?」
おまわりさんが二人おりてきた。
リュウだけむこうで別の事情徴収。
「名古屋から三人で夜の京都観光」
ですむはず。がリュウが警察にびびったのか、おろおろになって、とんでもないことを
言い出してしまった。

「どこから来たの?」
「石川県」
(ばか、それは出身地だろが。)
「車は誰の?」
「え。そ、それが、無断で勝手に‥」
(会社の車だけど、それじゃ盗んだと誤解されるだろが!)
「どうして京都にきたの?」
「お、俺、むりやりに連れてこられて‥」
(俺たちが拉致したってか!)
「なぜ?」
「山田さんが女の子四人を手込めにして、それで‥」
(俺がいつ四人の女を強姦したんだ!この おおばかやろ!)

「だいぶ話しが違うな。ちょっと、署まで同行ねがおうか。」
「そんな!会社にまにあわなくなるがな」
「山田って、君だな。君には強姦のうたがいもでてきた」
「そんな、あほな!」
「名古屋って言ってるけど、名古屋弁とは思えない」
金さんは横でうれしそうに、なりゆきを見ている。
「応援を頼んだから、とにかく連行だ」
もう一台パトカーがくるんかい。
「今のところ、なにも盗んでいないな」
「あたりまえや!観光って言ってるやろ!」

「このリュウのバカが!」
誤解をとくのに、どれだけ苦労したことか。
「いやー、見ていて、おもしろかった。」
金さんはこれだけで京都に来たかいがあった、と
おおよろこびだった。

「キテレツ工房」ウェブサイトへ
[PR]
by pontajima | 2006-07-27 23:59 | 金さんと愉快な仲間たち